HA-NA

Creative cooking thoughts

Create every day

日々に創作を

2代目商品開発責任者を務める『HA-NA』

雲丹ソースや旬の野菜などを使用した創作丼を提供

HA-NA BRAND

和と洋を組み合わせた創作丼

料理人を目指して全国各地を旅していたHA-NA。

港区の小さなお弁当屋さんとの出会い、商品開発チームを自ら提案、設立。オリジナルのソースや海鮮と野菜、肉を使ったこれまでにない創作海鮮丼を考案。豊富なレシピを駆使し時代とニーズに合った次の時代に向けた海鮮丼の開発を行っている。

HA-NAがこだわった3つの事。

01

商品開発

- 業務フローの確立 -

商品開発の舞台裏は、チームといっても3名の少人数で構成されている。HA-NA自体は外部の飲食店にレシピの提案も行っているが、他のメンバーは海鮮丼製造販売の業務に従事している。

 

毎週チーム内から様々な新商品が提案され、HA-NAが最終判断を下し商品化される仕組み。この基本的なフローを取り入れる事で日常的に質の高い商品が発表されている。

02

プロモーション

- SNS広告と連動 -

旬の野菜と海鮮を組み合わせた新たな創作丼。今回は、鎌倉野菜を使用することが決まり鎌倉でのロケーションが行われた。撮影スタッフとともに農家へインタビューを行ったり、鎌倉の街並みなど撮影し観光地動画もかねた撮影となった。季節ごとで旬の野菜を使用することがきまり、今後も各地を撮影していくのでお楽しみに。

03

デリバリー

- Ubereatsでブランディング -

最近外を歩いていると、Uber eatsの鞄などを背負った人たちをよくみかけませんか。デリバリーの需要が近年高まっているなと感じる光景ではないだろうか。現在自社配送に加えUber eatsを利用したデリバリーサービスを行っており、今回HA-NAはUber eatsの出店におけるリブランディングを担当する予定である。Uber eatsでしか食べられない商品も販売予定です。